第2回 地域歴史講座 実施報告

6月1日(土) 中央公民館主催の地域歴史講座に 乎疑原神社宮司 山本 安彦氏を講師にお招きして開催しました。

山本先生には「石仏と古代人の心尋ねて」の演題でご講演いただきました。

仏教の基本教説(仏像・教祖・死生観・六道輪廻)・仏教の歴史観(末法思想・公伝と変遷・仏像の鑑賞法と種類)・加西の石仏 (地蔵菩薩・五百羅漢・阿弥陀如来・山伏石仏・・・)等について学びました。

生と死を考えながら脈々と受け継がれてきた古代人の思想、各地に残る石仏(羅漢寺の石仏・山伏峠石仏・大村石仏・腰折地蔵・大日寺石仏・春岡寺石仏・玉野石仏・上宮木石仏)などを通して見えてくる、加西の歴史の深さを改めて考えさせられた講座になりました。P6010007

 

 

 

 

 

 

P6010016

 

 

 

 

 

 

次回は7月6日(土)10:00~11:30 市民会館3階 小ホールで神戸大学人文学研究科地域連携センターの坂江 渉先生をお招きして「播磨国風土記に書かれた地名の話」をテーマにご講演いただきます。