☆第5回「皆で楽しく歩こう」実施報告☆

10月19日(土) 9:30から、坂本町公会堂に集合し法華山一乗寺まで、加西市歴史街道
ボランティアガイドの森 昭代 氏に道中ガイドしていただきながらウォーキング♪

坂本町公会堂を出発し、山道の坂を上って山門をくぐり、法華山一乗寺の入口へ。

樹齢700年の杉の木と石造の卒塔婆(そとうば)を通り過ぎると長い石段があり、
数を数えながら上がっていきました。

PA190006

 

 

 

 

 

 

まずは77段あがったところに常行堂、さらに36段あがると、左手に国宝三重塔が眼前に
あらわれました。

この三重塔は平安時代末期、承安元年(1171年)の建立とされており、兵庫県下で最古の
塔だそうです。

そして50段あがって本堂にたどりつきました。

PA190033

 

 

 

 

 

 

 

本堂では、天井に花形に張り付けられた巡礼札などガイドしていただきました。

前夜の雨で足元は決して良くはありませんが、樹齢300~400年の杉の木がそびえ立つ山道を、おいしい空気に包まれた森林浴を楽しみながら帰路につきました。

受講生の皆さんは知られざる世界を教えていただき、満足された様子でした。

PA190025

 

 

 

 

 

 

 

 

『春は花 夏は橘 秋は菊 いつも妙なる法の華山』
西国三十三か所第二十六番札所の天台宗の寺院である、法華山一乗寺。

紅葉を楽しむなら11月後半。
写真を撮られるなら、下から148段目がおすすめの撮影スポットだそうです。

 

次回は、11月30日(土)9:30~《奥山寺》周辺を歩きます。

紅葉が楽しめそうですね♪
皆様もご一緒に、秋の自然を満喫してみてはいかがでしょうか。

「皆で楽しく歩こう」講座は随時、参加者を募集しております。
お申込み・お問い合わせは中央公民館℡42-2151(9:00~17:00)まで。