「加西マジック研究会」による北条小学校クラブ活動支援始まる!!

登録グループ出前講座として、中央公民館登録グループ『加西マジック研究会』のメンバーが北条小学校のクラブ活動を支援する活動が11月18日(月)にスタートしました。

首を長くして、今か今かと待っていたマジッククラブ(マジック&デコ)の4年生~6年生の児童17名と共に第1回目の活動がスタート。

マジッククラブ担当の亀田養護教諭・喜田教諭、加西マジック研究会代表の岡本さんをはじめ2名のグループの方、そして17名の児童が揃い、いよいよマジッククラブの活動が始まります。

はじめに自己紹介、続いて講師として指導していく中で、守って欲しい約束事やどんな風に活動を進めていくかなど具体的な説明が岡本代表からなされました。

 

DSCF1100

 

 

 

 

 

 

 

用意されていたマジックのネタの一部を全児童に配り、「こんな事をしていくよ」と子ども達の前でロープマジック等を演じられた。

「え~なんで どないなっとんの」と、マジックの持つ不思議な世界に引き込まれた子ども達。

そして事前に作って持ってこられたネタを用いて、新聞紙のツリーのマジックをされ、演じ方の指導をされました。

 

DSCF1107

 

 

 

 

 

 

ネタを作るのも指導の一環とし、1度使えば新しく作らねばならない、1回きりしか使用できないネタのマジックを、まずは皆で一緒に演じてみた後、新たにネタを作る為の指導をされました。

身近にある材料で作れるマジックのネタ。そして自ら作ることによって繰り返しの練習が可能になり、演じるテクニックをマスター出来るようになるなど、マジックの過程の大切さを伝えられました。

 

DSCF1111

 

 

 

 

 

 

まずはお家の人の前でやってみよう!自分自身も楽しく、観ている人も楽しませる事の出来るマジックを演じられるように・・・・・・

次回(11月25日)に練習の成果を見せてもらえるのを楽しみにしています。