中央公民館主催 地域歴史講座開講しました。

平成26年度の地域歴史講座が5月31日開講しました。

初回は播磨学研究所の冨士本 健 氏を講師にお迎えし、「軍師官兵衛」の実像に迫るー『黒田家譜』を播磨から読み直すー」をテーマに開催しました。

DSCF1566

 

 

 

 

 

今軍師官兵衛は、NHKで放映中ということもあり、受講生の皆さんも興味津々の様子。

冨士本先生もご講義中、内容が過去に放送されたとか、放映真只中にあるとか、これから放送される予定とかテレビ放送とからませながら、テレビと歴史研究の違いを語られる場面もありました。

 

DSCF1578

 

 

 

 

 

講義の終わりには、先生が考える軍師官兵衛の素顔に迫りました。

晩年の官兵衛が何を考えていたのか?キリシタンとして死にたいと言った如水(官兵衛)は「天下を狙っていたのだろうか?…計算違いをしていた?…野望は?」など熱く話されました。

DSCF1592

 

 

 

 

 

時間いっぱい使ってのご講義の後に、受講生一人一人からの質問に時間を割いていただき、丁寧に対応していただきました。

冨士本先生ありがとうございました。

次回は6月7日(土)10:00~ 加西市民会館3階小ホールで播磨学研究所の埴岡 真弓氏を講師にお迎えし、『播磨国風土記』と加西をテーマにご講演いただきます。

中央公民館では随時受講生を募集しておりますが、今年度より連続する主催講座においては1回のみの受講受け付けはしておりません。

受講をご希望される方はご理解の上、お申込みください。