第3回『ふるさと加西再発見講座』実施報告

平成26年7月9日(水)、中央公民館主催 第3回 『ふるさと加西再発見講座~楽しんで学ぼう加西の歴史~』を実施しました。

今回のテーマは、『久学寺・奥山寺・普光寺』。

講師は、加西市歴史街道ボランティアガイド 会長 神田 保 氏です。

P7090012

 

 

 

 

 

 

「様々なお寺、昔は政治にも深く関わり、住職の意見で物事を決めたりするなど権力が与えられていた事」

「逆に政治的な後押しが有るか無いかで栄える寺、ダメになる寺があった事」

「神社とお寺の立ち位置などが時代に左右されていた事」などを学びました。

P7090016

 

 

 

 

 

 

そういった事を踏まえ、多宝塔をはじめ多くの文化財が所在、所蔵されている真言宗 高野山派の青嶺山奥山寺、

ヒメハルゼミ、モリアオガエルや植えたものの定着が難しかったという議論桜、

高さ日本一の灯篭のある天台宗山門派の蓬莱山普光寺、

赤穂の花岳寺、東京の泉岳寺とともに三がく寺のひとつである、赤穂義士ゆかりの寺、曹洞宗河上山久学寺について、詳しく館内で教えていただきました。

神田会長様、ありがとうございました。

次回は現地。これから勉強して詳しくなって欲しいと締めくくられた神田会長さんと一緒に、マイクロバスで、奥山寺~普光寺~久学寺のコースで回り、学習予定です。

日時:8月23日(土)9:00~12:00

受講生の皆さん、8:50に加西市民会館駐車場に集合です。時間厳守してください。