夏休み子ども講座「竹細工に挑戦しよう!」実施報告

平成26年8月2日(土)、中央公民館主催 夏休み子ども講座「続・受け継ごう匠の技!竹細工に挑戦しよう!」を実施しました。

講師は、中央公民館登録グループ「若竹」の会員の皆様です。

定員超しで、受講できなかった皆さんもおられる程、受講希望者の多い人気の講座になり、昨年度に引き続き、今年度も開催しました。

館長挨拶、「若竹」木村代表様からのお話しを聞いた後、竹細工の教室がスタート!

本日挑戦するのは…「四海波(しかいなみ)」という竹細工の基本の籠です。

↓↓このような作品です。

P1010440

 

 

 

 

 

 

16本の竹ひごを使用しています。内12本は肌色、内4本は竹の皮色を利用した緑色です。

編む手順は、①底を編む ②ずれないように底の周囲をリボンで留める ③対角線上に、4本ずつ外側から内側にねじって結ぶ ④③左から右回りに編んでいく ⑤出ている竹ひごを網目に通す ⑥余分な竹ひごをカットする ⑦留めたリボンを抜く、です。

講師先生方から、丁寧な指導を受けて、少しずつ工程を重ねて編んでいきます。

P1010417

 

 

 

 

 

P1010349

 

 

 

 

 

 

 

教わり、編むことで作品が完成!仕上がりに満足気な子どもたち。

夏休みを活かして今年も又、子どもたちに、貴重な体験の場を提供できる講座になりました。

「若竹」グループ代表の木村様はじめ会員の皆様、材料の準備から指導に至るまで、お世話になりました。ありがとうございました。