第5回 中央かしの木学園を開催しました。

平成26年9月9日(火)高齢者の心と身体の健康をテーマに加西市健康福祉部健康課保健師と運動指導員を講師に迎え、開催しました。

 

DSCF1911

 

 

 

 

 

 

がん予防には検診を!

「北播磨管内に於いて、ワースト1の結核患者がいるのは加西市」という発言に会場から驚きの声も出ました。

長引く咳や咳は出ないが食欲が落ち体重が減るなどの時は病院を受診するように等、チエックすべき事や対策を教えていただきました。

また、心の健康として、15人に一人と言われているうつについては、心はボールのようなもの、抑えると形がいびつになる。

この状態がストレスを受けている状態→うつの状態と一緒だとボールを手に分かり易く教えていただきました。

心の健康づくりを進める一つとして、加西市では市のホームページにある心の体温計という中でストレス度をチエックできるらしく、利用を勧められました。

 

P9090033

 

 

 

 

 

 

続いては身体の健康について、運動指導員に講義と実践を学びました。

夏場・冬場による身体の変化、特に夏場のエアコンは身体自体が冷やそうとする為、真冬よりも足元が冷えやすい事などは、知られざる身体の機能を知った瞬間でした。

紹介いただいた運動はすぐにでき、継続しやすいものばかり。

姿勢を正し、ふくらはぎ・太もも・お尻等を叩いたり摩ったりしながらつま先から心臓まで血液を戻し、血栓を防ぐ法や若返りのホルモンを出す術、病気になりやすい前かがみを正す術など教えていただきました。

合間合間の「笑顔、笑う」のユーモアあふれる話術に学園生の皆さんからも笑顔がいっぱい見られました。

 

P9090062

 

 

 

 

 

 

学園生の皆さん、もう覚えられましたか?

『へっ』『はぁ』『ほっ』の健康のおまじない。笑顔で胸を張り肩の力を抜きましょう!

講座終了後には看護師さんも加わり、血圧測定をしながら健康に対する個別の相談をしていただきました。

次回は10月14日(火)丸山総合公園において『青空 元気アップ教室』~歩きながら、身も心も健康に~をテーマに介護と福祉の相談所ふきのとうの社会福祉士・介護専門員の村上 悦子氏 他ふきのとうの皆さんを講師にお迎え、開催します。