第6回 中央かしの木学園を開催しました。

平成26年10月14日 第6回中央かしの木学園を、介護と福祉の相談所「ふきのとう」の4名の社会福祉士・介護専門員を講師にお迎えし、『元気アップ教室~身体も心も健康に~』をテーマに開催しました。

年だからではなく、年であっても健康で長生きをしよう!と健康長寿を目指そうと予防法と実践法を多数教えていただきました。

ラジオ体操からはじまり、ロコモティブシンドロームについて学び、ロコトレをしました。

 

DSCF1985

 

 

 

 

 

 

立ち上がり・2ステップテストは「テストというだけで頑張ろうとしがちだが、ちょっと無理すれば関節を痛めたりすることもあるので」とやる気満々の学園生の先を見通しての助言もありました。

開眼片脚立ち・スクワット等も、どの筋肉を使っているのか意識しながら実践しました。

また、新聞紙を丸めた棒を使って、体の中で一番に老化しやすい肩甲骨を動かし、血流アップ、代謝アップにつながる運動や放り投げた棒をキャッチする反射神経をみる運動などを指導していただきました。

 

 

PA140013

 

 

 

 

 

 

そして最後は、認知症予防にもつながる食事と栄養について、『たくさん』より『まんべんなく』食べるの食事ポイントをはじめ、各食材の持つ効果・効能や食事のバランスを実際の朝食メニューを挙げて教えていただきました。

 

DSCF1997

 

 

 

 

 

 

4名の講師先生のユーモアあふれる話と実技に、学園生の皆さんも緊張もほぐれ、意識する事で改善可能・実践可能な健康方法を楽しく学べた講座になりました。

次回は11月15日・16日の中央ふれあいまつりです。是非お越しください。

次々回は12月9日(火) 中央公民館指導員の田先 康利氏を講師に迎え、「人権のヒント~「思い込み」から「思いやり」へ~」をテーマに人権講座を開催します。