第6回ふるさと加西再発見&第5回みんなで歩こう合同講座実施報告

平成26年10月18日(土)、中央公民館主催講座 「第6回 ふるさと加西再発見講座」「第5回 みんなで歩こう!!たのしく歩こう!!」合同講座を実施しました。

本日は、「玉丘史跡~山伏峠」を歩いて、現地見学をしました。

講師は、加西市歴史街道ボランティアガイドの、東郷 安子 氏、西山 順子 氏、水田 加代子 氏です。

講師の提案で、見学がスムーズにしっかりと説明が受けられる様にと、ふるさと加西再発見受講生とみんなで歩こう受講生に分かれて講座を受けました。

 

まず主墳の見学。

DSCF2010

 

 

 

 

 

 

お墓なので神聖な場所である、明治16年に盗掘され、ここに根日女が埋葬されていたという説が今も言い伝えられていることなど、お話を聞きました。

その後、玉丘史跡公園にある、全7つの古墳を見て回りました。(玉丘古墳、陪塚第1号墳、陪塚第2号墳、クワンス塚古墳、実盛塚古墳、壇塔山古墳、愛染古墳)

 

ガイダンス(展示場)も見学しました。

PA180042

 

 

 

 

 

 

「ガイダンスは目で見て玉丘古墳を知ってもらおうというコーナーなので、いつでも見学自由」とのこと。

 

玉丘史跡公園を後にして山伏峠へ。

PA180060

 

 

 

 

 

 

2つの阿弥陀如来さんの像を見学。内1つは、昭和50年ごろに神戸の大丸で展示されたこともあるとの事。

昔、縄で引っ掛けて移動したため突起があるという地蔵菩薩半跏像も見学しました。。

この3体全て含めて、「山伏峠の石棺」と言うそうです。

新たな発見もあり、受講生の皆さん、講座を満喫する事ができたのではないでしょうか。

東郷様、西山様、水田様、ありがとうございました。

 

次回、「ふるさと加西再発見講座」は、11月12日(水)9:30~、加西市民会館 2階 視聴覚室にて、「法華山一乗寺・古法華石仏」について学習します。

「みんなで歩こう!!たのしく歩こう!!」は、11月29日(土)9:20に泉第一保育所駐車場に集合し、石部神社~皇塚古墳を巡ります。