第9回 中央かしの木学園を開講しました。

平成27年1月13日(火)第9回 中央かしの木学園を認知症予防サポートネット 理事長 福田 章 氏を講師にお迎えし、『~脳はつらつ人生~認知症を予防する生活習慣』をテーマに開催しました。

 

DSCF2537

 

 

 

 

 

 

講師の福田氏は自らを“西宮の前川 清”と言われるなど、ユーモアたっぷりで、学園生の心をがっちりとつかまれ、2015年新年は笑顔で講座がスタートしました。

高齢化の中、増えつつある認知症とどう向き合いどう対処すべきかを丁寧に教えていただきました。

 

DSCF2547

 

 

 

 

 

 

施設から家庭へと変わりつつある認知症の介護の現状や認知症の疾患概念・要因・予防法を学びました。

元気がなくボォーとしている…物忘れがひどくなった…同じことを繰り返したり、話したり…等、チョット変だなと感じたら認知症かもしれません。

チョットしたサインを見落とさずご自分の為、ご家族の為にも検査を受けましょう!

認知症を予防する(生活習慣 食生活)・(日頃からの貯筋)・(コミュニケーション)・(好奇心、興味を持つ)・(ストレスを貯めない)を心掛けて、認知症に無縁な人生を送りたいですね。

 

DSCF2542

 

 

 

 

 

学園生の皆さん、福田先生からいただいた、並び替え、漢字合体ゲーム、複雑迷路はもう解かれましたか?

クイズを解くことで、脳の血流を良くし、脳のネットワークを広げ予防につなげましょう。

福田先生から答を教えて頂きましたので、解けない問題は中央公民館までお問い合わせくださいね。

次回は2月10日(火)10:00~11:30

健康亭いきがい 氏による落語で喜怒哀楽の感情を豊かにしましょう。