第9回「ふるさと加西発見講座」実施報告

平成27年1月14日(水)、第9回「ふるさと加西再発見講座」を実施しました。

本日のテーマは「鶉野飛行場跡」、講師は、加西市歴史街道ボランティアガイドの三宅 様です。

P1140017

 

 

 

 

 

 

平和祈念の碑、建設から練習飛行隊の設置、姫路海軍航空基地、川西航空機姫路製作所、鶉野組み立て工場、終戦、今に残る鶉野飛行場の施設跡について、資料を読みながら、歴史を辿っていきました。

滑走路が残っているのは日本では珍しいので、これからも残していく必要がある事も語られました。

又、若くして散った海軍兵の「遺書」を読まれた時、戦争の悲惨さが伝わってきて、会場が厳粛な雰囲気に包まれました。

講師の三宅様から、「戦後生まれが増え、平和に無関心な人が増えている。ボランティアガイドが平和のお手伝いをし、この平和がいつまでも続くように願っている」と締めくくられました。

P1140002

 

 

 

 

 

 

講座終了後、加西市歴史街道ボランティアガイド 神田会長様はじめ、受講生の4~5人の方々が、幼少の頃や父親から聞いた話、見たり聞いたりした事、勉強された知識をお話しされ、意見交換や情報の共有ができ、中身の濃い講座になりました。

講師を務めてくださった三宅様、ありがとうございました。

次回は、2月21日(土)9:20鶉野飛行場 平和祈念の碑前に集合してください。

9:30に開始し、本日テーマの「鶉野飛行場跡」等について、現地を歩いて学んだ内容を確かめます。

持ち物は、懐中電灯(防空壕内を歩くため)と、本日配布のハイキングマップをお願いします。