第10回「加西こどもいけ花教室」実施報告

今年度最終回となる、第10回「加西こどもいけ花教室」を平成27年2月7日(土)に実施しました。

今回は「光風流」。講師は、古角先生・松尾先生です。

P2070007

 

 

 

 

 

 

光風流は、七宝を使用。

今日は盛花の「左盛り」。七宝の空間の埋め方、角度を変える挿し方を教わり先生と一緒に、説明を受けながら生けていきました。

花材は、①モクレン…体(水盤の直径1.5~2倍の長さ)、留(体の残りを使って)

②キク…用(体の2/3の長さ、真ん中に生ける)、左向添(右でも可)

③ソリダスター…右前添(留の1/3の長さ)、右向添(左でも可)

④タマシダ…左前添(留の2/3の長さ)

「いけ花は空間が大事。モクレンは平面的にならないよう、前後に生けて奥行きが出せるように」

又、「モクレンは花がハスのように咲くことで『木蓮』と書く」ことなど、

いろいろと教わりながら、見事に生け上げることができました。

P2070031

 

 

 

 

 

 

↓完成した作品がこちら↓

P2070055

 

 

 

 

 

 

 

 

古角先生、松尾先生、ありがとうございました。

平成27年度も引き続き「加西こどもいけ花教室」を開催します。本物に触れて楽しんでこそ感性が豊かになることでしょう!ご興味を持たれた方はお気軽に中央公民館までお問い合わせ下さい。

加西市中央公民館 0790-42-2151