達磨画教室

達磨画教室第7回を、12月18日(火)に実施しました。

本日の画材は…「大黒さん」です!

毎回、講師の先生から「お手本」を受け取り、初めに描くポイントを教えてもらいます。

大黒さんのポイントは、

①俵を入れること

②顔から描くこと(その中でも鼻から)

③体は上から順番に描くこと

④左から右へ描くこと(手が汚れないように)

です。

受講生の皆さんは、一生懸命に描いておられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年度は、登録グループへ移行予定です。

先生からは、「基本の筆の動きを学習し、達磨画以外のもの(水墨画など)も描いて、レベルアップを目指しましょう」というお話がありました。

グループへ移行してからも、随時新規参加者は募集しておりますので、是非お気軽にお問合せください。

 

本日の教室に飾ってあった表装の作品をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

受講生の方の般若心経の手ぬぐいを、講師の岩國先生が表装に仕立て上げられたものです。

教室生の皆さんも興味深く見ておられました。