第68回文部科学省優良公民館賞 受賞

平成28年3月3日に東京都千代田区霞が関の文部科学省第2講堂において、第68回優良公民館表彰式がありました。

全国から77の公民館が表彰され、兵庫県内より加西市北部公民館が表彰されました。
IMG_0030    IMG_0017

淡路島洲本(認知症)介護の会「にじの会」との交流会

この受賞は、当公民館を利用いただいている地域の皆様を代表して、いただいたものと思っております。

また、これまで公民館の運営にご尽力いただいた関係者の皆様、施設管理を含めていろいろとご指導をいただきました市民の皆様、市役所、教育委員会、議会など皆様のお蔭と心より感謝しております。

当館は、地域住民(障がい者・認知症介護)の学習活動に大きく貢献し、地域に開かれた公民館として評価されました。

IMG_0149加西市北部公民館では、若年層から高齢者、そして障がい者を対象とした講座やイベントを開催しています。主催講座「みんなで遊ぼう」では、障がいをもつ子どもと、保護者が一緒になって走ったり、歩いたりしながら体力づくりをしています。柔軟体操やストレッチ、筋力トレーニングを音楽に合わせて楽しみながら行っています。 このような体力づくりだけでなく、紅白玉入れや綱引き、そして、風船遊びなどをしながら、楽しいひと時を過ごすようにしています。受講生は幼児から40代の男女と幅広い年代層の障がい者が参加して行っています。 この事業には、地域の方々や公民館登録グループと交流する機会を持ちながら進めています。また、各種団体ボランティアの協力を得て、障がい者と「心のふれあいの場」を提供するとともに、「絆」を育んでいます。 地域において障がいを持つ人や健常者が分け隔てなく、生活できる場として公民館の位置づけが大きく、今後の活動を通して、地域に根差した目線で、取り組めるようにしていきたいと思っています。

IMG_0157 また、在宅(認知症)介護されている方の勉強会「楽・笑・介」においても、介護されている日々の現状を話し合うようにしています。その中、で苦しい重圧が蘇り、涙ながらに語ることで、お互いに共感し励まし合うことができるようになってきました。これまでを振り返り、共に成長したことを感じたと言われました。

 

みんなで遊ぼうの受講生と保護者

市民の願いを、市民の目線で知り、理解し、それを地域の中で実現していくという公民館活動の原点に立った取り組みが、このような賞につながったと感謝しております。

今後、優良公民館賞に恥じないよう、日々努力していく所存でございます。

ありがとうございました。