○かしの木学園が開講しました

第一回かしの木学園講師として佐伯武彦副市長にお話をしていただきました。

今年79歳になられるということが信じられないほどのバイタリティーあふれるパワーを受講生に伝えていただきたいとの思いでお願いしました。

P5130315

74歳まで海外生活を18年、会社の副社長として活躍された後、地元に貢献したいという思いから北条鉄道の副社長をされています。

廃墟寸前の各駅の駅舎とトイレを新築するために、何度もお願いして支援者を募り、各駅のトイレが完成したのです。

そして、努力が実り次第に赤字が減少してきました。

応援隊による各種イベントを実施し、活気ある北条鉄道へ進めている話をされました。

P5130316

自分の人生を捧げていきたいという強い思いが、テーマでもある「ふるさとのために生きる」と題して話されました。

受講生にやさしくわかりやすく話されていたのがとても印象的でした。好評の講演会でした。