○はじめての落語発表会

平成28年度の公民館主催講座として「はじめての落語教室」を開催いたしました。

1年間で、露の紫先生に落語の基本から、小噺、そして「たいらばやし」の発表までできるように指導いただきました。

今回、1年間の学習成果の発表会を開催いたしました。

紫先生から観客の皆様へ「できるだけ笑ってください。それが受講生にとって励みであり、楽しくやれる秘訣です。」と言われました。

開会後、南部公民館登録グループ「夢ふくふく」の南京たますだれを披露していただきました。

北部公民館登録グループ「藤の音みんよう会」による三味線演奏をしていただきました。

受講生はA班とB班に分かれて「たいらばやし」を披露されました。観客から大きな笑いがあり大変盛り上った発表でした。

最後に露の紫先生に落語をしていただきました。

「看板の一」(かんばんのぴん)を披露していただき、会場全体が笑いに包まれ、楽しい一時でした。