○第43回ふるさとの祭典 1日目

平成最後の今年、北部公民館は泉中学校の体育館等をお借りして 第43回ふるさとの祭典を開催いたしました。

初日から多くの方にご来館いただき、展示や芸能発表会にと大いににぎわいました。

 

まずは、泉中学校吹奏楽部によるオープニング演奏と、開会式の後は泉中学校3年生による合唱を披露していただきました。一人ひとりの声量に圧巻される一幕でした。

他にも、ろごす腹話術研究会ねひめ加西、扇舞教室、さくらの家、トランポの会、藤の音みんよう会、たちばな(大正琴)、コール・サルビア、カニレフア(フラダンス)、親子三味線教室、アコースティックギターレッスン、加西民謡研究会による発表では、皆さん日ごろの成果を披露しました。

外では、中学生ボランティアが野菜や雑貨の販売をしてくれたり、健康料理教室の炊き込みご飯や加西手打ちそばの会のかけそばの販売補助をしてくれました。金額を設定したり、呼びかけをしたりとたいへん活躍してくれました。

多目的室では、青年茶道あけぼの会によるお茶席が開かれました。ボランティアの子たちも作法を習い、お手伝いをしていました。お茶席に行くと、講師の先生が茶器からお菓子に至るまで丁寧にお教えくださいました。

 

また、北部公民館では、囲碁に取り組む中学生や、大会を運営されている石心会の姿がみられました。

1日目は、多くの泉中学校のボランティアの皆さんやバザーに出店いただいた皆様、さくらの家やたちばなさんのおかげで、無事に終えることができました。

本当にありがとうございました。<(_ _*)>

2日目に続きます(*^^*)