「和の雑貨」一閑張りのバッグ作り

月イチの和の雑貨、
2回目は和紙を張り重ねて作る工芸『一閑張りのバッグ』でした。

土台のバッグ型に、のりで和紙を張り重ね、
明治時代のモノ!!という和紙を上から貼り付けます。

 

 

講座時間が2時間なので、皆さん黙々とのりをつけ、貼る貼る貼る・・・
底も外側も内側もフチ部分も全て、空気が入らないようにやっていきました。

 

その上から、飾りの和紙やキモノ生地を好みに貼り付けて
本日の分は出来上がり。

お家でよーく乾かして、来月はいよいよ一閑張りの醍醐味「柿渋塗り」です。
下の写真の白いバッグが、右のアンティーク感溢れる一品に変化するはずです。
乞うご期待!

 

「和の雑貨づくり」講座の7月は、この続きですが
8月からは又新たな雑貨を作ります。
途中からでも参加可能ですので、北部公民館までお問い合わせくださいね。