夏休み子どものおけいこ教室「三味線をひいてみよう」

今年の北部公民館の夏休みは、子どもおけいこ教室として
「三味線教室」茶道教室」を開催しました。

公民館登録グループの出前講座として、遠藤孝先生大西扶企子先生指導のもと
親子参加者総勢17名で、初めて三味線に触れました。
全国的な大会で何度も入賞している現役名人のお二方に
教えていただけるのは、何とも贅沢なコトです。

三味線の歴史話から始まり、
バチの持ち方や構え方をおしえてもらい、
いざ、「ベーーーーーン」♪「ベンベン」♫

ドやレではなく、4や5という押さえる位置のかいてある楽譜で
曲を弾きます。
練習曲は、「さくら さくら」。
つまり、446・446・46764645・〇1〇1〇〇1〇・・・
という具合です。

先生やグループの方に教えていただきながら、四苦八苦。
特に1・2年生は、子供用ばちがあるとはいえ、
大きな三味線を抱えて大変そうでした。

最後に、「さくらさくら」をゆっくり全員で弾きました。
日本古来の楽器 三味線に少し興味がわいたようです。
もっと続けたいなら、親子三味線教室もあります。
公民館までお問合せください。