「指圧マッサージ教室」始まりました

コロナウィルス感染拡大防止の影響で、約2か月遅れで北部公民館主催講座指圧マッサージ教室が開催されました。

本年度よりひらかれた本講座には、8名の参加者がありました。講師の先生は、皇法指圧の指導免許を持っておられる織田伸洋氏です。

最初は、資料をもとに皇法指圧の効果について説明を受け、物理的効果・科学的効果・精神的効果や施術時間、回数等について教授していただきました。

そして、実技に入る前に先生が手本として膀胱径の経状刺戟秘線を説明を加えながら施術されました。

見学していた参加者からの質問にも、ひとつひとつわかりやすく丁寧に説明していただきました。

その後、2人組のペアとなり、先ほど見本をしていただいた膀胱径指圧をお互いに施術し合いました。適時先生がアドバイスされ、特に重要なポイントは、指で押す時の体重のかけ方や最後の指の離し方を指摘されておられました。

途中の休憩中に帯状反応についの説明を受けました。

ペア同士、お互いに感想を述べながら、和やかな雰囲気の中で指圧の基礎施術を学ばれました。