第2回シニアカレッジ 北部「 かしの木学園 」

8月7日(金)本年度、第2回シニアカレッジ北部「かしの木学園」が開催されました。

今回は、『音楽療法で心も身体も健康に!』をテーマに、
臨床心理士・音楽療法士であられる石原冨士子先生のご講演でした。

先生は、県内の福祉施設や園・学校といろんな施設でご講演しておられ、
現在では学校のスクールカウンセラーとしてもご活躍されています。

初めに音楽療法の効果について説明され、精神の安定・脳の活性化・
リラクゼーション・認知症予防など人とのかかわりに音楽が大きく関係していることを
教えていただきました。

そして、
早速持参していただいたキーボードで、曲に合わせ椅子に座ったまま
体を動かすリズム運動を行いました。
曲も参加されている皆さんがよく知っておられる曲ばかりでした。
次に、イントロ当てクイズで、童謡・歌謡曲・ニューミュージックを中心に
先生のユーモアを交えたトークで会場はおおいに盛り上がりました。

途中に休憩をとり、後半は先生の弾き語りで、
日本の思い出に残っている8曲を口ずさみました。
そして最後は、先生の地元たつの市の名曲「赤とんぼ」を全員で合唱し
講演を終えました。

コロナと熱中症対策として、広い体育室でスポットクーラーを活用して実施した
今回の公演。
参加者からは、「暑さを忘れるほど気分が晴れて、運動不足も解消し大変良かった」 「コロナの影響で歌うことができなかったが、久しぶりに歌えてすごく楽しかった」
など、嬉しい感想を多くの方々から聞くことができました。

来月のかしの木学園も残暑が厳しいとは思いますが、
ご参加された皆さんが暑さを忘れ、
こころさわやかになられるような講演会になりますよう期待しております。