第3回シニアカレッジ 北部「かしの木学園」

   9月11日(金)第3回シニアカレッジ北部「かしの木学園」が行われました。

今回の講師は、西脇市高齢者大学で活動しておられる大島勝男先生です。

たつの市での県中央大会でも東・北播地区の代表として発表されました。

先生は、昨年度加東市で行われた、東・北播学ぶ高齢者のつどいで主張発表され、

今回は、その時の主張発表と同じ 「 人とのふれあい 」というテーマで
お話をいただきました。

  講演の冒頭に全員でふるさとを合唱し、和やかな雰囲気のなか自己紹介、
主張発表時の感想を述べられた後、以前に習われておられた詩吟を吟じられ、
声の素晴らしさに会場から大きな拍手が沸きました。

次に手話の基本を教えていただき、会場の皆さんと一緒に挨拶や名前等、
指文字の練習を行いました。そして最後は、四季の歌を手話を使って合唱に合わせ
行いました。

  途中の休憩時には、自ら持参された写真、絵手紙の展示を丁寧に説明され、
参加された多くの方々が作品の素晴らしさに魅了されておられました。

  好きなことば「 おおきに! 」をモットーにして、これまでの人生経験や高齢者大学
での学びを通じて得られた『 ひととのつながり 』を大切にし、これからの人生に前向きに歩んでいきたいという希望を熱く、時にはユーモアを交えながら語っていただいた
90分間でした。

 先生の人柄あふれるお話は、会場の皆様方から称賛されました。

 

    講演の途中に館の不手際で音響の聞き取りが悪く、参加された方々や先生に対してご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。今後は、今回の反省を生かし、
改善を図り、より充実したかしの木学園にしてまいりますのでどうぞよろしくお願い
いたします。