主催講座「メンズカレッジ」始まりました!

6月5日メンズカレッジ 趣味探求コースの第1回目が開催されました。

今回は、夢こらぼ主宰松尾やよいさんに「ゲームを通してコミュニケーション力を鍛えよう!」のご講演をしていただきました。ゲームはコミュニケーション麻雀です。11名の参加者と、トライやるウィークの加西中学2年生の男子1名、女子2名が参加してくれました。

 

 

 

 

 

 

社会福祉協議会より大きな大きな麻雀パイをお借りし、3種類のゲームを楽しみました。

 

 

 

 

 

 

2人がチームなります。1人1個のさいころを投げ、出た目の指を使って指1本でパイを持ち上げ自分の陣地まで落とさず運びます。2人の息が合わないと難しいゲームです。

 

 

 

 

 

 

今回の麻雀は通常の麻雀とは違い、1テーブルに8人で行いました。2人で相談しながらのコミュニケーションを目的とし、サイコロを投げる時には全員で「せーの」と声を掛け合います。指を動かしたり、声を合わせることで脳に刺激を与えたりするものとなっています。わいわいと会話も弾み、笑いも絶えず楽しいひと時でした。

次回のメンズカレッジは7月3日 クッキングコース「料理を楽しもう!」です。

 

 

第1回 お笑いに挑戦!こども喜劇塾

6月8日(土)、主催講座「こども喜劇塾」がスタートしました。講師は、昨年も夏休みこども講座でお世話になった、放送作家の砂川一茂先生です。講座初めに一人ずつニックネームを決め、自己紹介をしました。その後は、お笑いの基本『ボケ』と『ツッコミ』を先生から教わりました。次々と飛び出す言葉は、子どもの感性ならでは。へえ~、そう来るのか!と感心させられます。一人一人の個性が出て、とても面白かったですよ♪

 

 

 

 

 

 

ラーメン屋さんや山小屋を題材にした簡単な喜劇にも挑戦!子どもたちのアドリブ寸劇で、教室内には絶えず笑い声が

 

 

 

 

 

 

後半には、公民館まつり「宮き野のつどい」で披露予定の準備原稿を、配役を仮決めしてから、一通り流し読みをしました。初めて目を通す内容なのに、皆それぞれ役になりきっていました。

 

 

 

 

 

 

なかなかの役者揃いで、お披露目の日が楽しみです。次回は7月13日(土)です

 

 

 

 

 

 

令和元年度 南部かしの木学園開講式・第1回学習会

晴天に恵まれた5月13日、南部公民館ではシニアカレッジかしの木学園開講式第1回学習会が行われました。今年度は18名の新入生が加わりました。教育長と運営委員長より挨拶をいただいた後、登録グループ「リコーフジ2012」の皆さんと、かしの木「歌声くらぶ」の皆さんにご出演いただき、ピアノとリコーダー演奏で、「南部公民館の歌」を歌っていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場の皆さんも、歌詞を見ながら口ずさんでおられて、式典は和やかな雰囲気で進みました。休憩を挟んだ後は、第1回学習会の開始です!大道芸人たっきゅうさんによる「大道芸で笑って健康に!」大道芸と講演が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

様々な大道芸を披露していただく度に、歓声や拍手が起こりました。後半の講演会では、笑いについてお話をしていただきました。笑うことで周りも明るくし、日常に楽しいことを見つけていくことで健康にもつながる。。。等々。テーマの通り、終始笑いの絶えない講演となりました。

今回も、かしの木学園役員の方々には準備から受付、そして片付けまでご協力いただきスムーズに開催することが出来ました。ありがとうございました。次回は6月3日(月)ヒップホップコグニサイズで体を動かします♪