五百羅漢紅葉ライトアップ(出前講座)に参加して

私たち南部公民館登録グループのリコーダー教室「リコーフジ2012」は、平成30年11月24日(土)午後7時より、加西市公民館まちづくり出前講座として、五百羅漢紅葉ライトアップミニコンサートに出演しました。夏の千灯会に続いての出演でしたので、少し余裕がありました。三味線の演奏の後、私たちは、リコーダーや譜面台をもって舞台へ移動しました。市役所職員から紹介があり、一瞬緊張が走りました。

 

藤岡先生より「リコーフジ2012」と演奏演目の紹介がありました。1曲目は、「ゆめ色の街」でしたが、14小節と15小節の演奏がうまく合いませんでした。2曲目の「星の界」、3曲目の「旅愁」は、うまくできたと思います。4曲目の「見上げてごらん夜の星を」は、13小節の終わりから低音で入るため、他の人の音が聞こえず、演奏が途切れそうになりました。これは普段の練習と違って、野外で演奏していることも影響していると思います。さらに、演奏人数が少なかったことも原因かもしれません。そんなことを考えている間もなく、5曲目の「ふるさと」に演奏が移りました。さすがによく練習していたため、うまく演奏できたと思います。

 

今年は、少し寒かったので、指が動きにくかったです。それと、初めてブックライトを使用したため、楽譜が少し見えにくかったです。これらは、言い訳のように思えますので、普段の練習の時から気を引き締めてやろうと思いました。何とか無事終了!!次の機会も頑張ります!

 

 

 

 

かしの木学園運営委員会主催講座を開催しました!!

12月3日(月)公民館全館を利用した、かしの木学園運営委員会主催講座を開催しました。この講座では、南部公民館かしの木学園の運営委員会が主体となり、運営委員会のメンバーや、かしの木学園生やその関連のある方が各々の特技や知識を生かした講座の講師を務めました。講座数は、6講座。事前に受講希望を聞き、クラス分けをし、当日の開催となりました。以下、講座の様子をご紹介しましょう。

1.ニュースポーツ(吹矢、シャッフルボード、カーリンコン)26名

 

 

 

 

 

 

 

2.俳句を楽しもう 9名

 

 

 

 

 

 

 

3.加西の歴史について 17名

 

 

 

 

 

 

 

4.ブローチを作ろう 19名

 

 

 

 

 

 

 

5.男性の料理教室 7名

 

 

 

 

 

 

 

6.保田ぼかしを利用した有機栽培について 20名

 

 

 

 

 

 

 

ご指導いただいた講師の皆さん、ありがとうございました。皆さんそれぞれのクラスで楽しまれ、有意義な講座になったとの感想をいただいています。アンケートでは、ほとんどの方が来年度もこの講座を希望されています。学園生同士で教え合いができ、講師役の方も、受講生の方もお互いに刺激を受けられたのではないかと思います。また、俳句のクラスでは、南部かしの木学園の3つ目のクラブ活動として来年から活動する予定になりました。

 

 

第27回宮き野のつどい2018 2日目

 

『 第27回  宮き野のつどい(2日目)』10月28日(日)

お天気に恵まれ早々から皆さん足を運んでくださり、朝からおまつり会場は大賑わいでした!!

「南部公民館の歌」完成!

今年度、登録グループの皆さんから歌詞を募集し、コール・ソレイユでご指導いただいているピアニストの加門隆太朗先生に作曲をお願いし、”南部公民館の歌”が出来上がりました。皆さんに歌っていただける素敵な歌になっています!

『南部公民館の歌』お聴きください!!

 

南部公民館の歌   作詞:南部公民館登録グループ  作曲:加門 隆太郎  歌:コール・ソレイユ

 

自然あふれる宮き野の

みんな仲良く 腕くんで

声を合わせて 歌おうよ

であい ふれあい 学びあい

楽しく集う 南部 南部 南部公民館

 

みのり豊かな 宮き野の

きっとよい実が 育つまで

みんなで共に 創ろうよ

であい ふれあい 学びあい

笑顔で集う 南部 南部 南部公民館

 

夜空彩る 宮き野の

夢がおおきく 開くよう

心ひとつに 手をつなごう

であい ふれあい 学びあい

元気に集う 南部 南部 南部公民館

 

完成した歌をコール・ソレイユのみなさんに歌っていただき初披露しました。

 

 

 

 

 

 

芸能発表では、コーラス、扇剣舞、詩吟、歌謡、民謡、三味線、ハーモニカ、リコーダー、フラダンス、玉すだれなど、舞台で日頃の活動の成果を披露してくださいました。また、かしの木学園生有志による『一本刀土俵入』を披露してくださり会場を更に盛り上げてくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南部公民館こども喜劇塾の塾生による「なんぶ新喜劇」の公演では、『壺』と『ラーメン屋』『犯人の説得』を発表。当日は、皆さん前日の練習よりパワーアップしての熱演で会場を沸かせていました。

 

 

 

 

 

 

加西市こども狂言塾の塾生が、小舞「花の袖」と狂言「口真似」を披露してくださいました。なかなか見ることのない舞台に、会場のお客様から大きな拍手が巻き起こっていました。

 

 

 

 

 

 

連日早朝から準備してくださった料理バザー『山菜おこわ』『コロッケ』『手打ち蕎麦』『スイートポテト』『たこ焼き』『コーヒーセット』などなど・・・今年も大盛況で完売でした!!

会場準備から後片付けまで皆さんのご協力のもと、盛大かつ無事にお祭りを終えることができました。

播磨農高生と北条高生の方々にも二日間ボランティアとして大いに助けていただきました。

皆さま本当にありがとうございました!!