加西の自然環境について学ぼう!語ろう!

5月19日、第1回「加西の自然環境について学ぼう!語ろう!」あびき湿原観察会を開催しました。加西市は、あびき湿原など自然の宝庫です。その素晴らしさを皆さんに認識していただき、自然環境を守っていこう!を目的として開催しています。講師は、兵庫県立やしろの森公園協会理事の尾内良三さんです。下記のように予定していますので、皆さんも参加されませんか?

 

 

 

 

 

 

あびき湿原での観察会。この日は、ハッチョウトンボにも出会うことができました。


 

 

 

 

 

トキソウが満開!可憐な薄紫のお花です。


 

 

 

 

 

兵庫県では準絶滅危惧種に指定されているニホンアカガエルも出迎えてくれました。

あびき湿原保存会のみなさんが湿原保全のために、樹木の伐採や木道作り下草の刈込など大変な作業をして保全作業に携わっていただいています。こうした地道な努力のおかげで貴重な動植物を観察することができるようになってきました。湿原に入られる場合は、「持ち込まない!持ち出さない!」などのマナーをしっかり守って自然環境の観察を行ってください。

<今後の予定>

6/16 生物多様性と人類、 8/18 サギソウ観察会  9/15 トンボ類の飼育・産卵から成虫まで 1/19 生物の縄張りについて 3/16 両生類の繁殖について

お問い合わせは南部公民館まで 電話・/FAX 0790-49-0041 mail: nambu@city.kasai.lg.jp