五百羅漢紅葉ライトアップ(出前講座)に参加して

私たち南部公民館登録グループのリコーダー教室「リコーフジ2012」は、平成30年11月24日(土)午後7時より、加西市公民館まちづくり出前講座として、五百羅漢紅葉ライトアップミニコンサートに出演しました。夏の千灯会に続いての出演でしたので、少し余裕がありました。三味線の演奏の後、私たちは、リコーダーや譜面台をもって舞台へ移動しました。市役所職員から紹介があり、一瞬緊張が走りました。

 

藤岡先生より「リコーフジ2012」と演奏演目の紹介がありました。1曲目は、「ゆめ色の街」でしたが、14小節と15小節の演奏がうまく合いませんでした。2曲目の「星の界」、3曲目の「旅愁」は、うまくできたと思います。4曲目の「見上げてごらん夜の星を」は、13小節の終わりから低音で入るため、他の人の音が聞こえず、演奏が途切れそうになりました。これは普段の練習と違って、野外で演奏していることも影響していると思います。さらに、演奏人数が少なかったことも原因かもしれません。そんなことを考えている間もなく、5曲目の「ふるさと」に演奏が移りました。さすがによく練習していたため、うまく演奏できたと思います。

 

今年は、少し寒かったので、指が動きにくかったです。それと、初めてブックライトを使用したため、楽譜が少し見えにくかったです。これらは、言い訳のように思えますので、普段の練習の時から気を引き締めてやろうと思いました。何とか無事終了!!次の機会も頑張ります!