かしの木学園 第2回学習会開催

今回は「高齢者の健康づくり」について、タカクラ整形外科(理学療法士)の中山伸治先生に講演をしていただきました。

ロコモシンドロームを中心に詳しくパワーポイントを使って説明され、学園生は熱心に聞かれていました。

IMG_2510

先生は平均寿命を延ばすことより、大切なのは「健康寿命」を延ばすことと力説されていました。

最後に、正しい歩行の仕方、足腰の筋肉の正しい使い方やどの部位の筋肉を鍛えたらよいかを実践を交え、指導していただきました。

歩行する前の準備体操の必要性と簡単な繰り返し(各部位10回ずつ)運動も教えていただきました。

IMG_2516

実際の歩行練習です。腰から下の筋肉の使い方と動かし方、腕の使い方等丁寧に指導され、学園生から先生に多くの質問があり、大変好評でした。

ただ歩く、だた走るのではなく、専門家に指導を受けてから始めると、効果が全く違うと実感した講座でした。