かしの木環境講座「南極・ヒマラヤの氷雪と地球温暖化」

今月のかしの木学園 第4回 学習会は、名古屋大学名誉教授で、第36次南極観測隊委員の上田 豊(あげた ゆたか)氏を講師に迎え、「南極・ヒマラヤの氷雪と地球温暖化」について講演いただきました。

南極

 

 

 

 

 

南極の太古からの氷雪を30m以上取り出し、調査して地球環境の変化を研究した結果を、分かりやすく丁寧に説明くださいました。
合間に合間に、基地でのエピソードで笑いを誘われます。
特に、極寒のみずほ基地内でのおふろ(みずほの湯だそうです)の苦労話など、想像すると笑ってしまいます・・

IMG_3878

 

 

 

 

 

 

ヒマラヤの氷河の研究では、過去と現在の写真比較があり、いかに温暖化で氷河が無くなりつつあるか一目瞭然です。

通常の人なら、実際にはなかなか行くことのできない南極やエベレスト登頂を体験してきた先生ということで、代表の丸岡さんからの謝辞にも熱がこもりました。
IMG_3880

 

 

 

 

 

 

最後に上田先生が見せてくださった「青い水の星 地球」。
このまま美しく守っていきたいものです。

善防かしの木学園は、暑い8月はお休みし、次回は、9/11(木) 「役立つおくすり教室」です。